日本の珍味

日本の珍味と呼ばれるものはたくさんありますね。
三大〇〇とよく言われるように、
珍味も日本三大珍味と言われるものがあります。
ウニ、カラスミ、コノワタ。
これが日本三大珍味と言われます。
ウニというのは、生ウニではなく
塩ウニと言われるウニの塩漬け。
これも、元祖、本家とかありますが、
越前の雲丹がNo1とされます。
カラスミというのは、ボラの卵巣の塩漬け。
カラスミはお酒の好きな人には人気が高く、
漁業が盛んなところで作られるようになっています。
石川県金沢市のカラスミも有名ですが、
長崎野母の唐墨がNo1だとか。
薄く切ったものを少し炙って食べると最高のようです。
コノワタは、ナマコの内蔵の塩辛。
なまこから、内蔵を取り出す手間を考えると高価になるのもわかりますね。
関東では青なまこ、関西では赤なまこが珍重されますが、
コノワタにすると差は内容にも思えるのですが、
三河の海鼠腸がNo1とされています。
★日本の三大珍味★




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする